コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

矢口 陽子 ヤグチ ヨウコ

20世紀日本人名事典の解説

矢口 陽子
ヤグチ ヨウコ

昭和期の女優



生年
大正10(1921)年8月27日

没年
昭和60(1985)年2月1日

出生地
香港

本名
黒沢 喜代

旧姓(旧名)
加藤

学歴〔年〕
昭和高女中退

経歴
小学校4年で帰国。高女を中退して松竹少女歌劇学校に入る。昭和12年松竹少女歌劇団に入り、若園照美の芸名で初舞台。14年退団、15年東宝に入り、矢口陽子と改名。同年「嫁ぐ日まで」(島津保次郎)でデビュー。同年南旺映画に応援した「煉瓦女工」(千葉泰樹)に主演。東京発声に出向して「若き日の歓び」(佐藤武・昭18)、「日常の戦ひ」(島津保次郎・昭19)などに出演。「一番美しく」(黒沢明・昭19)では女工役を好演、翌年黒沢明と結婚し、引退した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

矢口 陽子
ヤグチ ヨウコ


職業
女優

本名
黒沢 喜代子

旧名・旧姓
加藤

生年月日
大正10年 8月27日

出生地
香港

学歴
昭和高女中退

経歴
小学校4年で帰国。高女を中退して松竹少女歌劇学校に入る。昭和12年松竹少女歌劇団に入り、若園照美の芸名で初舞台。14年退団、15年東宝に入り、矢口陽子と改名。同年「嫁ぐ日まで」(島津保次郎)でデビュー。同年南旺映画に応援した「煉瓦女工」(千葉泰樹)に主演。東京発声に出向して「若き日の歓び」(佐藤武・昭18)、「日常の戦ひ」(島津保次郎・昭19)などに出演。「一番美しく」(黒沢明・昭19)では女工役を好演、翌年黒沢明と結婚し、引退した。

没年月日
昭和60年 2月1日 (1985年)

家族
夫=黒沢 明(映画監督),息子=黒沢 久雄(映画プロデューサー),娘=黒沢 和子(映画衣装係),孫=加藤 隆之(俳優),黒沢 優(女優)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

矢口 陽子の関連キーワードわが愛の記

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android