矢尻・鏃(読み)やじり

大辞林 第三版の解説

やじり【矢尻・鏃】

矢の先の、突き刺さる部分。鉄製が普通。古くは石・骨などをも用いた。 →
矢を射る技量。 「三町五反の尾上を隔て、-こまかき鹿子まだら/浄瑠璃・会稽山」
[句項目] 矢尻細し

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

メルカリ

スマートフォンで、フリーマーケットの利用ができるアプリ。2013年7月にサービスが開始され、15年11月には、2000万ダウンロードを突破した。運営会社は、株式会社メルカリ。Andoridと、iPho...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android