コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

矢祭町議会の日当制

1件 の用語解説(矢祭町議会の日当制の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

矢祭町議会の日当制

3月末に導入。「1日3万円」の根拠は、町の課長級職員1人あたりの年間人件費約1057万円を平均出勤日数236日で割った額の7割で、千円単位を四捨五入した。地方自治法地方議員は「非常勤」とみなされるため、「7割が適切」とした。鳥取県江府町の住民らが直接請求した日当制案は1万5千円で、議員定数を10から14に増やす内容。

(2008-10-19 朝日新聞 朝刊 神奈川全県 地域総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

矢祭町議会の日当制の関連キーワード東洋町根城森林環境税月迫月末同時形質導入三重県議会の政務調査費南山大学付属小学校町議報酬の日当制PAC3の導入計画

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone