コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

矢羽根・矢羽 やばね

大辞林 第三版の解説

やばね【矢羽根・矢羽】

矢に矧ぐ羽根。矢を旋回させ、正確に鋭く的中させるためにつけられるもの。鷲・鷹・山鳥・雉きじなどの羽を用い、斑の入り方により中黒・本白もとじろ・切斑きりふ・護田鳥尾うすべおなどと呼ぶ。奈良時代には二枚立てであったが、以後三枚となり、雁股かりまた・平根ひらねなどには四枚つけられた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

矢羽根・矢羽の関連キーワード奈良時代山鳥中黒切斑平根

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android