コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

知に働けば角が立つ,情に棹させば流される ちにはたらけばかどがたつじょうにさおさせばながされる

大辞林 第三版の解説

ちにはたらけばかどがたつじょうにさおさせばながされる【知に働けば角が立つ,情に棹させば流される】

〔夏目漱石の「草枕」の冒頭にある言葉。「意地を通せば窮屈だ、とかく人の世は住みにくい」と続く〕
理知的でいようとすると人間関係に角が立って生活が穏やかでなくなり、情を重んじれば、どこまでも感情にひきずられてしまう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

知に働けば角が立つ,情に棹させば流されるの関連キーワード夏目漱石冒頭草枕意地

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android