コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

知れた しれた

大辞林 第三版の解説

しれた【知れた】

( 連語 )
わかりきった。言うまでもない。 「そんなことは-ことだ」
たいしたことではない。たかが知れた。 「寒いといっても-ものだ」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

知れたの関連キーワード神田 伯龍(6代目)積もり・積り・心算サブリミナル効果言う・云う・謂うレイ マンティラダグ マッケオン言わずと知れた村崎太郎・次郎インディ500総理大臣秘書官ラテン詞華集安倍首相退陣プロビデンスドイツワイン本朝神仙伝池田亀太郎心底・真底大蔵 虎一引っ張り凧高を括る

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

知れたの関連情報