コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

知床世界自然遺産

1件 の用語解説(知床世界自然遺産の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

知床世界自然遺産

斜里町と羅臼町にまたがる知床国立公園や遠音別(おんねべつ)岳原生自然環境保全地域などの陸域と海岸線から約3キロの海域からなり、面積は7万1100ヘクタール(うち海域2万2400ヘクタール)。2005年、国内では屋久島鹿児島県)と白神山地(青森、秋田県)に次ぐ3番目の世界自然遺産に登録された。流氷が流れ着く最も低緯度の地域で、海洋と陸上の生態系が連続する大規模な食物連鎖網が評価された。ヒグマなど大型哺乳類のほか、希少種のシマフクロウが生息し、オオワシなどの越冬地にもなっている。

(2015-10-08 朝日新聞 朝刊 北特集B)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知床世界自然遺産の関連キーワード世界遺産世界遺産条約イコモス世界遺産保護条約世界自然遺産世界文化遺産世界遺産委員会ユネスコの無形文化遺産世界遺産登録PCT条約に基づく特許出願

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

知床世界自然遺産の関連情報