コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

知床世界自然遺産

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

知床世界自然遺産

斜里町と羅臼町にまたがる知床国立公園や遠音別(おんねべつ)岳原生自然環境保全地域などの陸域と海岸線から約3キロの海域からなり、面積は7万1100ヘクタール(うち海域2万2400ヘクタール)。2005年、国内では屋久島鹿児島県)と白神山地(青森、秋田県)に次ぐ3番目の世界自然遺産に登録された。流氷が流れ着く最も低緯度の地域で、海洋と陸上の生態系が連続する大規模な食物連鎖網が評価された。ヒグマなど大型哺乳類のほか、希少種シマフクロウが生息し、オオワシなどの越冬地にもなっている。

(2015-10-08 朝日新聞 朝刊 北特集B)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

知床世界自然遺産の関連キーワード北海道目梨郡羅臼町湯ノ沢町斜里町

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

知床世界自然遺産の関連情報