コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

知恩院宮尊超入道親王

美術人名辞典の解説

知恩院宮尊超入道親王

有栖川宮織仁親王の第八王子。幼称を種宮。知恩院門室を相続し、光格天皇養子、のち徳川家斉の猶子となる。また親王宣下を蒙り、福道の名を賜わる。文化7年得度し、法諱を尊超と称する。嘉永5年(1852)薨去、51才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

知恩院宮尊超入道親王の関連キーワード有栖川宮織仁親王

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android