コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

知恩院宮尊超入道親王

1件 の用語解説(知恩院宮尊超入道親王の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

知恩院宮尊超入道親王

有栖川宮織仁親王の第八王子。幼称を種宮。知恩院門室を相続し、光格天皇の養子、のち徳川家斉の猶子となる。また親王宣下を蒙り、福道の名を賜わる。文化7年得度し、法諱を尊超と称する。嘉永5年(1852)薨去、51才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恩院宮尊超入道親王の関連キーワード有栖川宮織仁親王有栖川宮韶仁親王有栖川宮好仁親王有栖川宮職仁親王有栖川宮幟仁親王有栖川宮威仁親王有栖川宮熾仁親王仁和寺宮済仁法親王済仁法親王織仁親王

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone