知的財産権/知的所有権(読み)ちてきざいさんけん/ちてきしょゆうけん

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

知的財産権/知的所有権

知的な創作活動によって生み出された無形の価値に与えられる権利の総称で、無体財産権ともいわれる。 特許権や著作権、商標権、工業所有権などがある。 無形の創作物は複製しやすい上、知的財産権に対する法律内容は国によって異なる。このことから、インターネット上での国際取引が普及しつつある今日、知的財産権の保護を目的とした国際的なルールづくりが、WIPOによって進められている。

出典 ナビゲートナビゲート ビジネス基本用語集について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android