コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

知的障害者の共同生活

1件 の用語解説(知的障害者の共同生活の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

知的障害者の共同生活

ケアホームは、主に夜間に入浴、はいせつや食事などの介護をするスタッフを置く。グループホームも日常生活の支援などを行うスタッフを置くが、ケアホームより障害の程度が軽い人を想定した施設。「いこっと」が参考にしたコレクティブハウスは、住人個々の独立した住戸のほかに共有のキッチンや居間、庭なども持つ集合住宅を指す。障害者の自立支援と直接の関係はない。日本では阪神大震災災害復興住宅として1997年に初めて公営で建設された。高齢者や一人親世帯が安心して住める環境として、研究が進んでいる。

(2010-04-19 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知的障害者の共同生活の関連キーワード夜行性チアホーンデイホーム排雪ホームゲームホームチームビアホールホームケアサム・ア・ホース (thumb a horse)排泄 (excretion)

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone