コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

知空 ちくう

1件 の用語解説(知空の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

知空

江戸前・中期の浄土真宗本願寺派の僧。山城国生。字は性応、諡は演慈院、号は大可子・臥雲叟。山城真覚寺明性の第四男として生まれ、兄円海に学び、泉涌寺光明寺を経て、西本願寺学寮の能化西吟に師事する。師の入寂後二代能化に任じられ50余年在職、その間京都六条に学寮を再興し、また諸国を巡化して布教に尽力した。享保3年(1718)寂、84才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知空の関連キーワード狩野探信岡井黄陵狩野安仙香田正宣知空(2)中堀僖庵藤掛寿木

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

知空の関連情報