コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

知覧傘提灯(ちょうちん)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

知覧傘提灯(ちょうちん)

江戸時代、薩摩藩御家人だった富永五助が考案。下級武士の内職として普及した。昭和の一時期は和紙に代わり薄絹を張った傘提灯が輸出され、人気を博した。富永さんがつくった傘提灯は「そば茶屋吹上庵知覧武家屋敷店」などで見ることができる。県伝統的工芸品はこれまで傘提灯を含む4品目が後継者不足などを理由に指定を解除され、現在は33品目となっている。

(2012-03-24 朝日新聞 朝刊 鹿児島全県 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

知覧傘提灯(ちょうちん)の関連キーワード鹿児島県

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android