コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

知識・智識 ちしき

大辞林 第三版の解説

ちしき【知識・智識】

ある物事について知っていることがら。 「そのことについては何の-もない」 「予備-」
ある事について理解すること。認識すること。 「幸福とは何かと云ふ事を明細に-して了つてゐるんです/竹沢先生と云ふ人 善郎
知恵と見識。
知っている人。知人。友人。 「貧は今生の-なり/海道記」
〘哲〙 〔 knowledge; ドイツ Wissen〕 認識によって得られた内容。厳密には、独断・空想などと区別される真なる認識によって得られた客観的に妥当な命題ないしは命題の体系をいう。あやふやな信念と区別され、一般に「正当化された真なる信念」として定義される。
〘仏〙(普通「智識」と書く)
仏道に教え導く指導者。導師。善知識。
善業ぜんごうを積むため、寺院や公共物の建設に金品を寄付すること。
心が、その対象物を、心の外にある実在物とみなす働き。 〔は、メドハーストの「英華字典」(1847~48年)に knowledge の訳語として載る。日本では「附音挿図英和字彙」(1873年)にも載る〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android