知里ナミ(読み)ちり ナミ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

知里ナミ ちり-ナミ

1879-1964 大正-昭和時代のアイヌ文化伝承者。
明治12年生まれ。金成(かんなり)マツの妹。知里幸恵(ゆきえ),高央(たかなか),真志保(ましほ)の母。アイヌの首長カンナリの娘。姉とともにイギリス人宣教師バチェラーが函館にひらいた愛隣学校でまなぶ。金田一(きんだいち)京助にアイヌ語生き字引と評された。昭和39年5月30日死去。85歳。北海道出身。アイヌ名はノカアンテ。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android