コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

短期・長期 たんき・ちょうき

1件 の用語解説(短期・長期の意味・用語解説を検索)

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

短期・長期

会計や金融では、おおむね1年未満を短期、1年以上を長期とよぶ。短期借入金長期金利などというときには、1年以内に返済する必要がある借入金、1年以上の融資や債権に対する金利をいう。 これに対し、経営計画などでは、3年程度を目安に2年から5年くらいの計画を中期計画とよび、長期計画や長期ビジョンというときには10年程度を目安に5年から30年くらいの期間に対して用いる。また、短期計画は1年以下の計画となるが、この場合具体的な期間を指して、単年度計画、半期計画、四半期計画ということが多い。 なお、上記以外にも、たとえば株式投資の分野での短期投資・中期投資・長期投資、人材育成に応用される心理学での短期記憶長期記憶など、対象の違いによっていろいろな期間設定が存在している。

出典|ナビゲート
Copyright (C) 1999 - 2010 Navigate, Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

短期・長期の関連キーワード短期金融市場短期国債大棟大旨短期貸付短期資金マネー・マーケット(Money market)長期保険短期契約長期契約

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

短期・長期の関連情報