コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

短期賃借権

2件 の用語解説(短期賃借権の意味・用語解説を検索)

かんたん不動産用語解説の解説

短期賃借権

山林以外の土地については契約期間5年以内、建物は契約期間3年以内の賃借権のこと。不動産が競売の申し立てをなされた場合、抵当権設定後に設定された賃借権は本来、新たな競売人に対して対抗できないが、短期賃借権の場合、その契約期間内は保護される。

出典|(株)ネクストコーポレーション
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事業再生用語集の解説

短期賃借権

入居している賃貸住宅が競売にかけられて、落札した新しい所有者から立ち退きを迫られた場合、3年以内(土地は5年)の短期賃貸借契約なら、前の所有者との契約が保護され、契約期間中は居住できる権利。2004年4月に民法の一部改正により廃止された。元々は善意の賃借人を保護するのが目的だったが、競売にかかった賃貸物件に居座って法外な立ち退き料を請求する「占有屋」がはびこったため廃止に至った。

出典|(株)セントラル総合研究所
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

短期賃借権の関連キーワード傾斜家賃制度定期借家権高齢者専用賃貸住宅高齢者向け優良賃貸住宅スケルトン賃貸住宅競落人高齢者の居住の安定確保に関する法律終身借家制度特定優良賃貸住宅制度高齢者向けの賃貸住宅

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone