石ノ森 章太郎(読み)イシノモリ ショウタロウ

20世紀日本人名事典の解説

石ノ森 章太郎
イシノモリ ショウタロウ

昭和・平成期の漫画家



生年
昭和13(1938)年1月25日

没年
平成10(1998)年1月30日

出生地
宮城県登米郡中田町石森

本名
小野寺 章太郎

別名
旧名=石森 章太郎(イシモリ ショウタロウ)

学歴〔年〕
佐沼高〔昭和31年〕卒

主な受賞名〔年〕
講談社漫画賞(第7回)〔昭和42年〕「サイボーグ009」「ミュータント・サブ」,小学館漫画賞(第13回)〔昭和43年〕「佐武と市捕物控」「ジュン」,小学館漫画賞(第33回・青年一般向け部門)〔昭和63年〕「HOTEL」「マンガ日本経済入門」,日本漫画家協会賞大賞(第17回)〔昭和63年〕「マンガ日本経済入門」,日本酒大賞(第6回)〔平成2年〕,手塚治虫文化賞(特別賞 第2回)〔平成10年〕,日本漫画家協会賞(文部大臣賞 第27回)〔平成10年〕

経歴
高校時代に「漫画少年」に「二級天使」を発表。これがデビュー作となり、卒業後そのままプロに。ナンセンス漫画、SF漫画、少女漫画などで幅広く活躍。「おかしなおかしなあの子」、SF「サイボーグ009」、劇画「佐武と市捕物控」、テレビの原作「仮面ライダー」など数多くの作品がある。昭和61年7月改名。62年コミュニケーション・カーニバル「夢工場’87」(東京・大阪開催)で“村祭り”をテーマとした「ファンタスティック・サーカス」のチーフ・イマジニアをつとめる。同年「マンガ日本経済入門」を著し、200万部のベストセラーとなる。平成元年“萬画家(まんがか)”宣言をし、「マンガ日本の歴史」(全48巻)に取り組んだ。3年まんが大博覧会(全国巡回)実行委員長、4年コミック表現の自由を守る会代表、日本漫画家協会常務理事なども務めた。6年ストーリー漫画家を中心にマンガジャパンが結成され、世話人代表となる。9年「マンガ日本の歴史」をCD-ROMで発売。12年7月故郷・宮城県登米郡中田町に石ノ森章太郎ふるさと記念館がオープン。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

石ノ森 章太郎 (いしのもり しょうたろう)

生年月日:1938年1月25日
昭和時代;平成時代の漫画家
1998年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

石ノ森 章太郎の関連情報