コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石原 純 イシハラ ジュン

20世紀日本人名事典の解説

石原 純
イシハラ ジュン

明治〜昭和期の理論物理学者,歌人



生年
明治14(1881)年1月15日

没年
昭和22(1947)年1月19日

出生地
東京府本郷区(現・東京都文京区)

別名
歌名=石原 阿都志(イシハラ アツシ)

学歴〔年〕
東京帝大理科大学理論物理学科〔明治39年〕卒

学位〔年〕
理学博士〔大正5年〕

主な受賞名〔年〕
帝国学士院恩賜賞〔大正8年〕「相対性理論、万有引力論及び量子論の研究」

経歴
大学時代は理論物理学を専攻。明治36年「馬酔木」創刊を機に伊藤左千夫を訪ね、後に「アララギ」に参加。44年東北帝国大学助教授に就任。45年〜大正3年までヨーロッパ留学をし、なかでもアインシュタインに大きな刺激を受ける。大正3年帰国後東北帝大教授となる。現代物理学の理論的基礎や方法の啓蒙的解説も精力的に行う。10年歌人・原阿佐緒との恋愛事件により教授を辞任。以後、著作、啓蒙活動に専念。昭和7年岩波「科学」創刊とともに編集主任となる。大正11年歌集「靉日」(あいじつ)を刊行、都会感覚と科学者としての詩情で注目された。昭和2年「渦状星雲」を創刊したのをはじめ、9年「立像」を創刊、「立像」は後に「新短歌」と改組された。歌論でも「新短歌概論」などを執筆、科学者としても「自然科学概論」「現代物理学」「アインスタインと相対性原理」「相対性原理」などの著書があり、「アインスタイン全集」(全4巻)もまとめた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

石原 純 (いしはら じゅん)

生年月日:1881年1月15日
明治時代-昭和時代の物理学者;科学思想家。岩波書店顧問
1947年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

石原 純の関連キーワード刑事部屋 六本木おかしな捜査班アララギ(短歌結社雑誌)太陽にほえろ!PART2石原純(いしわらじゅん)石原純(いしはらじゅん)さあ太陽を呼んでこいいちばん熱い心の歌既得権益批判の政治馬酔木(短歌雑誌)影狩り ほえろ大砲ゾンマーフェルトメイフラワー号石原 裕次郎カーボニル鉄12月24日華北分離工作黒田土佐子箱根温泉郷日活(株)宇能鴻一郎

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android