石射 猪太郎(読み)イシイ イタロウ

20世紀日本人名事典の解説

石射 猪太郎
イシイ イタロウ

大正・昭和期の外交官 外務省東亜局長。



生年
明治20(1887)年2月6日

没年
昭和29(1954)年2月8日

出生地
福島県

学歴〔年〕
東亜同文書院商務科(上海)〔明治41年〕卒

経歴
満鉄に4年勤めた後、家業を継ぐが、その家業が不振になったため、独学で高等文官試験の準備をして大正2年合格。さらに4年には外交官試験に合格して外務省に入る。領事官書記官、吉林総領事、上海総領事を経て、昭和12年東亜局長に就任。この間、日中戦争不拡大に努めた。13年駐オランダ公使、15年駐ブラジル大使、19年駐ビルマ大使となるが、敗走のうちに終戦を迎える。戦後は21年公職追放、25年解除後、東邦研究所を設立。また幣原平和財団理事として、幣原喜重郎の伝記の編纂に当たった。自伝に「外交官の一生」がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

石射 猪太郎 (いしい いたろう)

生年月日:1887年2月6日
大正時代;昭和時代の外交官。外務省東亜局長
1954年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android