石山 正三(読み)イシヤマ ショウゾウ

20世紀日本人名事典の解説

石山 正三
イシヤマ ショウゾウ

昭和期のロシア語学者,ロシア文学研究家



生年
大正3(1914)年2月23日

没年
昭和48(1973)年11月14日

出生地
東京

学歴〔年〕
東京外国語学校ロシア語部〔昭和15年〕卒

経歴
昭和16年東京外国語学校の教壇に立ち、以来多くのロシア文学者、ソ連研究者を育成、同時にロシアの劇作家、文芸評論家、思想家の研究、紹介に努めた。翻訳書にオストロフスキー「収入ある地位」「どんな賢人にもぬかりはある」「狼と羊」、チュルヌイシェフスキー「現実に対する芸術の美学的関係」、ドブロリューボフ「闇の王国」、ゲルツェン「自然研究書簡」などがあり、著書に「ロシア語の基礎」「ロシア語入門」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android