石川 寒巌(読み)イシカワ カンガン

20世紀日本人名事典の解説

石川 寒巌
イシカワ カンガン

大正・昭和期の日本画家



生年
明治23(1890)年2月11日

没年
昭和11(1936)年3月25日

出生地
栃木県那須郡黒羽町

本名
石川 寅寿

学歴〔年〕
大田原中学校卒

経歴
上京して太平洋画会研究所で油絵を学び、のち小室翠雲門下となる。大正11年日本南画院に初入選、3年後日本南画院同人に。新しい南画の創造を試み、洋画的な技術をとり入れた中期以後の作品は“新南画”といわれた。代表作に「子牛」「煙雨、晩晴」「山寺日暮、水郷暮趣」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android