コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石川宗静

1件 の用語解説(石川宗静の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

石川宗静

茶人。山形県生。名は小兵衛、号は栞斎・嘯月庵。酒井侯御番頭を経て維新後は官吏となって明治政府に出仕。裏千家十三世円能斎の門に茶湯を学び、的伝・教授となる。歿後名誉教授の称を追贈された。大正15年(1928)歿、74才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

石川宗静の関連キーワード服部五老徳力善水本間国生山形県阿部蔵吉大村小兵衛塩見小兵衛立川小兵衛茶臼屋

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone