コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石川寒厳 いしかわ かんがん

美術人名辞典の解説

石川寒厳

南画家。栃木県生。名は寅寿。太平洋画会研究所で洋画を学び、佐竹永邨に南画を学ぶ。帰郷し雲照寺で参禅したのち、再び上京、小室翠雲に師事し、日本南画院同人となる。小堀鞆音や小杉放庵らと華厳社を結成、また放庵の老荘会にも参加した。装飾性の強い作品を描く一方、仏教や老荘思想にも多く画題を求めた。昭和11年(1936)歿、46才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android