コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石川寒厳 いしかわ かんがん

美術人名辞典の解説

石川寒厳

南画家。栃木県生。名は寅寿。太平洋画会研究所で洋画を学び、佐竹永邨に南画を学ぶ。帰郷し雲照寺で参禅したのち、再び上京、小室翠雲に師事し、日本南画院同人となる。小堀鞆音や小杉放庵らと華厳社を結成、また放庵の老荘会にも参加した。装飾性の強い作品を描く一方、仏教や老荘思想にも多く画題を求めた。昭和11年(1936)歿、46才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android