コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石川島播磨重工業[株] いしかわじまはりまじゅうこうぎょう

百科事典マイペディアの解説

石川島播磨重工業[株]【いしかわじまはりまじゅうこうぎょう】

1876年官営石川島造船所の跡に創業した民間最初の造船会社。1960年播磨造船所を合併して石川島播磨重工業となる。1968年には呉造船所を合併するなど,つぎつぎと合併を重ねて,日本有数の総合重工業会社となった。
→関連項目真藤恒土光敏夫

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いしかわじまはりまじゅうこうぎょう【石川島播磨重工業[株]】

日本の代表的な総合重工業会社。IHIの略称でも知られる。造船で三菱重工業に次いで2位。プラント,資源,航空機部門を拡大している。1960年12月1日に石川島重工業(株)が(株)播磨造船所を合併して石川島播磨重工業(株)が設立された。石川島重工業は,1853年(嘉永6)隅田川の河口石川島に幕命を受けて開設された水戸藩の日本初の洋式造船所石川島造船所をその出発点としている。明治維新で官営となり,さらに移転になった同造船所のドック・敷地等を借りて76年に旧幕臣平野富二が石川島平野造船所を個人創業した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の石川島播磨重工業[株]の言及

【相生[市]】より

…市街地はもと漁村の相生,湾奥の商港那波,陸(くが)などからなるが,山陽新幹線や山陽自動車道の開通に伴い,市街地は北方に拡大している。相生の発展は1908年播磨船渠会社(現,石川島播磨重工業相生工場)の創設に始まる。初期は修理専門の小規模な工場であったが,第1次世界大戦時の造船ブームに乗じて設備を拡充し,造船都市としての地歩を固めた。…

※「石川島播磨重工業[株]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

石川島播磨重工業[株]の関連キーワードおもなお雇い外国人リットン秋月の乱アトランタ・ブレーブスエジソン(アメリカの発明家)シカゴ・カブスシンシナティ・レッズスラブ音楽アブデュルハミト[2世]ロダン

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android