コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石川枝山

美術人名辞典の解説

石川枝山

江戸後期の画家。丹波生。名は維清、字は文照、通称を八郎助。円山応挙に画を学び、師の画風を得て人物・花鳥を能くする。常に衣服米銭を与えて応挙の大成を助けた。文化元年(1804)歿、72才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android