石川県かほく市(読み)かほく〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔石川県〕かほく〈市〉(かほく〈し〉)


石川県中部の市。
能登(のと)半島の基部に位置し、南部に河北潟が広がる。2004年(平成16)3月、河北郡の高松町、七塚町、宇ノ気町が合併して成立。JR七尾(ななお)線、能登海浜道路などが通じる。ゴム紐など素材繊維の地場産業が盛ん。電機・織物・窯業などの工場がある。西部に発達した砂丘地でラッキョウ・大崎スイカなどの栽培が行われる。ほかに稲作とブドウ・カキなどの栽培が盛ん。沿岸ではアマエビ・カニなどの漁が行われる。上山田(かみやまだ)貝塚は国指定史跡。哲学者・西田幾多郎(にしだきたろう)は宇ノ気村(現・かほく市森)の出身で、内日角に石川県西田幾多郎記念哲学館がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

石川県かほく市の関連情報