石川県かほく市(読み)かほく〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔石川県〕かほく〈市〉(かほく〈し〉)


石川県中部の市。
能登(のと)半島の基部に位置し、南部に河北潟が広がる。2004年(平成16)3月、河北郡の高松町、七塚町、宇ノ気町が合併して成立。JR七尾(ななお)線、能登海浜道路などが通じる。ゴム紐など素材繊維の地場産業が盛ん。電機・織物・窯業などの工場がある。西部に発達した砂丘地でラッキョウ・大崎スイカなどの栽培が行われる。ほかに稲作とブドウ・カキなどの栽培が盛ん。沿岸ではアマエビ・カニなどの漁が行われる。上山田(かみやまだ)貝塚は国指定史跡。哲学者・西田幾多郎(にしだきたろう)は宇ノ気村(現・かほく市森)の出身で、内日角に石川県西田幾多郎記念哲学館がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

石川県かほく市の関連情報