コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石川県七尾市 ななお〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔石川県〕七尾〈市〉(ななお〈し〉)


石川県北部の市。
能登(のと)半島東岸、七尾湾に臨み、その北東に浮かぶ能登島も市域とする。2004年(平成16)10月、旧・七尾市と鹿島郡の田鶴浜町、中島町、能登島町とが合併して現在の姿となる。JR七尾線・のと鉄道七尾線、能越自動車道などが通じる。市域南部は古代、能登国府・国分寺がおかれた地。江戸時代には北前(きたまえ)船の寄港地として栄えた。北部海上に浮かぶ能登島は、金沢藩の流刑地であった。電機・食品・木材工業のほか、国の伝統的工芸品の七尾仏壇や、珪藻土(けいそうど)を原料とする窯業などの地場産業が盛ん。農業では稲作のほか、メロン・カボチャ・葉タバコなどの栽培が行われる。七尾湾でのカキの養殖も盛ん。能登島との間に能登島大橋が架かる。北陸の名湯和倉(わくら)温泉は能登観光の基地。国の史跡に七尾城跡・能登国分寺跡・石動山(せきどうさん)がある。久麻加夫都阿良加志比古(くまかぶとあらかしひこ)神社の熊甲(くまかぶと)二十日祭・大地主(おおとこぬし)神社の青柏(せいはく)祭は国の重要無形民俗文化財に指定。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

石川県七尾市の関連情報