石川県加賀市(読み)かが〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔石川県〕加賀〈市〉(かが〈し〉)


石川県南西端の市。
福井県に接する。大聖寺川・動橋(いぶりはし)川流域などを占め、北部は日本海に面する。2005年(平成17)10月、旧・加賀市と江沼(えぬま)郡の山中町が合併して現在の姿となる。この合併により、江沼郡は消滅。大聖寺地区は中世には白山信仰の拠点で、のち一揆の根拠地となった。江戸時代は金沢藩の支藩大聖寺藩10万石の城下町として発展。橋立(はしたて)港・塩屋港などは北前船の寄港地。加賀橋立は国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されている。自転車部品製造などの機械工業と絹織物や撚糸(ねんし)ほかの繊維工業が盛ん。特産の山中(やまなか)漆器・九谷(くたに)焼はいずれも国の伝統的工芸品に指定。片山津(かたやまづ)温泉・山代(やましろ)温泉・山中温泉は、加賀温泉郷の中心となる大温泉で、旅館や保養・娯楽施設が多い。海岸部は越前加賀海岸国定公園に属し、海水浴場などがある。大聖寺川の中流には奇岩や滝などが続く景勝地鶴仙渓(かくせんけい)がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

石川県加賀市の関連情報