石川県小松市(読み)こまつ〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔石川県〕小松〈市〉(こまつ〈し〉)


石川県南部の市。
金沢平野の南部に位置する。県南部の産業・交通・文化の中心。古くから北陸街道の要衝で、戦国時代には加賀一向一揆の拠点の一つとなった。近世初頭までは城下町、のち金沢藩領南部の中心地として繁栄。建設機械の大手メーカーである小松製作所コマツ)の発祥地で、その主力工場がある。ほかにも繊維・電機などの工場が操業。伝統の縮緬(ちりめん)・綸子(りんず)などの繊維産業や、国の伝統的工芸品である九谷焼の陶業も盛ん。JR北陸本線・国道8号・北陸自動車道が通じ、航空自衛隊基地と共用の小松空港がある。安宅(あたか)の関跡は謡曲の「安宅」、歌舞伎十八番勧進帳」の舞台として有名。加賀温泉郷の一つ、粟津温泉がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

石川県小松市の関連情報