コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石川県河北郡津幡町 つばた〈まち〉

1件 の用語解説(石川県河北郡津幡町の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔石川県〕津幡〈町〉(つばた〈まち〉)


石川県中部、津幡川流域と河北潟(かほくがた)干拓地東部を占める町。河北郡
能登(のと)半島への玄関口にあたる鉄道・道路交通の要衝。金属・機械・電機などの工場がある。江戸時代には宿場町として栄えた。丘陵地に石川県森林公園が広がる。富山県小矢部市と倶利伽羅(くりから)峠で結ばれ、峠の頂上に倶利伽羅公園がある。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone