石川県河北郡津幡町(読み)つばた〈まち〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔石川県〕津幡〈町〉(つばた〈まち〉)


石川県中部、津幡川流域と河北潟(かほくがた)干拓地東部を占める町。河北郡
能登(のと)半島への玄関口にあたる鉄道・道路交通の要衝。金属・機械・電機などの工場がある。江戸時代には宿場町として栄えた。丘陵地に石川県森林公園が広がる。富山県小矢部市と倶利伽羅(くりから)峠で結ばれ、峠の頂上に倶利伽羅公園がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android