コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石川県河北郡津幡町 つばた〈まち〉

1件 の用語解説(石川県河北郡津幡町の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔石川県〕津幡〈町〉(つばた〈まち〉)


石川県中部、津幡川流域と河北潟(かほくがた)干拓地東部を占める町。河北郡
能登(のと)半島への玄関口にあたる鉄道・道路交通の要衝。金属・機械・電機などの工場がある。江戸時代には宿場町として栄えた。丘陵地に石川県森林公園が広がる。富山県小矢部市と倶利伽羅(くりから)峠で結ばれ、峠の頂上に倶利伽羅公園がある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone