石川県珠洲市(読み)すず〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔石川県〕珠洲〈市〉(すず〈し〉)


石川県北東部の都市。
能登(のと)半島先端部を占める。稲作・畜産と野菜・リンゴ・メロン栽培が盛ん。特産の珪藻土を用いて生産するこんろや瓦(かわら)などの加工品、珠洲焼の陶業のほか、水産加工業の地場産業がある。能登外浦の珠洲岬・禄剛(ろっこう)崎や内浦の見附島(みつけじま)・恋路(こいじ)海岸は能登半島国定公園の代表的景勝地として観光客を集める。国民宿舎能登きのうら荘・のとじ荘がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

石川県珠洲市の関連情報