コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石川県羽咋市 はくい〈し〉

1件 の用語解説(石川県羽咋市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔石川県〕羽咋〈市〉(はくい〈し〉)


石川県中部、能登(のと)半島基部西側、日本海に面する市。
能登上布(じょうふ)の織物業のほか鉄鋼・電機工場などがある。邑知潟(おうち)干拓地で稲作、日本海側の砂丘地でスイカ・ダイコンなどの栽培が盛ん。千里浜(ちりはま)なぎさドライブウェイは車両が通行できる砂浜として有名。宇宙科学博物館コスモアイル羽咋がある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

石川県羽咋市の関連情報