コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石川県羽咋郡宝達志水町 ほうだつしみず〈ちょう〉

1件 の用語解説(石川県羽咋郡宝達志水町の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔石川県〕宝達志水〈町〉(ほうだつしみず〈ちょう〉)


石川県中部にある町。能登(のと)半島の基部に位置し、西は日本海に面する。羽咋(はくい)郡
2005年(平成17)3月、羽咋郡の志雄町、押水町が合併して成立。稲作・モモ・ブドウ栽培が盛んで、ワインと宝達葛が特産品。伝統の繊維工業に加え、合金・製薬などの工場が進出。散田金谷(さんでんかなや)古墳は国指定史跡。かつては金山として栄えた宝達山は、能登地方の最高峰である。砂浜を走行できる千里浜(ちりはま)なぎさドライブウェイがある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

石川県羽咋郡宝達志水町の関連情報