石川県羽咋郡志賀町(読み)しか〈まち〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔石川県〕志賀〈町〉(しか〈まち〉)


石川県北部、能登(のと)半島西岸の町。羽咋(はくい)郡
2005年(平成17)9月、同郡の富来町と旧・志賀町が合併して現在の姿となる。稲作・畜産とスイカやリンゴ・カキの果樹栽培が盛ん。沿岸・近海漁業も行われる。電機・繊維などの工場が進出し、能登中核工業団地がある。瓦(かわら)が特産品。福浦港から関野鼻(せきのはな)の海岸線は能登金剛(こんごう)とよばれる能登半島国定公園の代表的景勝地。ヤセの断崖は松本清張の小説『ゼロの焦点』の舞台で、近くに松本清張の歌碑が建立されている。北陸電力志賀原子力発電所がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android