コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石川県鳳珠郡能登町 のと〈ちょう〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔石川県〕能登〈町〉(のと〈ちょう〉)


石川県北部にある町。能登(のと)半島北東部に位置し、富山湾に面する。鳳珠(ほうす)郡
2005年(平成17)3月、鳳至(ふげし)郡の能都町、柳田村と珠洲(すず)郡の内浦町が合併して成立。西部に輪島市・穴水町にまたがって能登空港がある。宇出津(うしつ)港は近海・遠洋漁業の基地。小木(おぎ)港に海洋深層水施設がある。能登牛などの畜産や、イチゴ・ブルーベリー栽培などが盛ん。沿岸部は能登半島国定公園に属し、九十九(つくも)湾・恋路(こいじ)海岸などは能登内浦を代表する観光地。縄文時代を代表する真脇遺跡は国の史跡。柳田植物公園に、石川県柳田星の観察館(満天星(まんてんぼし))がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android