石川県鹿島郡中能登町(読み)なかのと〈まち〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔石川県〕中能登〈町〉(なかのと〈まち〉)


石川県北部にある町。能登(のと)半島南部の邑知潟(おうちがた)地溝帯中部に位置する。鹿島(かしま)郡
2005年(平成17)3月、鹿島郡の鳥屋町、鹿島町、鹿西町が合併して成立。JR七尾線と国道159号が通じる。古くから能登上布(じょうふ)の名産地として知られ、織物業と稲作・酪農・畜産が盛ん。干し柿のころ柿が特産品。天平(てんぴょうじ)寺遺跡などがある石動山(せきどうさん)・雨の宮古墳群はいずれも国指定史跡。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android