石森 延男(読み)イシモリ ノブオ

20世紀日本人名事典の解説

石森 延男
イシモリ ノブオ

昭和期の児童文学者,国語教育家 昭和女子大学名誉教授。



生年
明治30(1897)年6月16日

没年
昭和62(1987)年8月14日

出生地
北海道札幌市中央区

学歴〔年〕
東京高等師範学校文科〔大正12年〕卒

主な受賞名〔年〕
新潮社文芸賞(第15回)〔昭和15年〕「咲き出す少年群」,サンケイ児童出版文化賞(第5回)〔昭和33年〕「コタンの口笛」,小川未明文学賞(第1回)〔昭和33年〕「コタン口笛」,野間児童文芸賞(第1回)〔昭和38年〕「パンのみやげ話」,国際アンデルセン賞国内賞(第5回)〔昭和44年〕,勲四等旭日小綬章〔昭和45年〕

経歴
札幌師範卒後、2年の教員生活を経て大正8年上京、東京高師に入学。卒業後、香川師範などで教える。15年国語教科書編纂官として満州へ赴任。昭和14年に文部省図書館勤務となって帰国、「ひろがる雲」「燕たち」「ふるさとの絵」の三部作をはじめ多くの児童書を執筆。終戦後は23年に小、中、高校用の最後の国定国語教科書の完成に尽力して24年に退官、著作活動に入る。32年に発表した「コタンの口笛」は第1回小川未明賞を受賞、ベストセラーとなり、長編児童文学隆盛のきっかけとなった。また唱歌、童謡の作詞も手がけ、作品に「野菊」がある。「パンのみやげ話」「桐の花」「石森延男児童文学全集」(全15巻)など著書多数。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

石森 延男 (いしもり のぶお)

生年月日:1897年6月16日
昭和時代の児童文学者;国語教育家
1987年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android