コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石油化学コンビナート計画と反対運動

1件 の用語解説(石油化学コンビナート計画と反対運動の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

石油化学コンビナート計画と反対運動

県が1963年12月、沼津市に火力発電所、三島市に石油精製工場、清水町に石油化学工場の進出計画を発表。住民らは「水と空気を守れ」と反対。医師や科学者を講師とする学習会が各地で開かれ、危険性への問題意識が広まった。「公害は防げる」とした国の調査団に対し、地元調査団は「公害の恐れが十分ある」と報告。反対運動は、農民、漁民、母親ら多様な人々を巻き込んで広がった。64年5月に三島市長が反対を表明。同9月には沼津市で2万5千人の総決起集会があり、沼津市長も進出拒否を表明した。翌10月には清水町に会社から断念が伝えられた。

(2015-10-14 朝日新聞 朝刊 静岡・1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

石油化学コンビナート計画と反対運動の関連キーワード北九州(市)朝鮮映画剥離面線構造舟木一夫津川雅彦ファイト先生池田勇人内閣冤罪十月事件東映(株)

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone