コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石油危機(oil crisis)

外国為替用語集の解説

石油危機(oil crisis)

オイルショックとも言う。第1次石油危機は1973年、第4次中東戦争を機に石油輸出国機構(OPEC)が生産量を減らし、石油の値段を4倍に引き上げた為に石油価格が高騰、それに伴って世界各国の経済は混乱し、物価が上昇した。第2次石油危機は1979年、イラン革命契機とした原油の高騰。

出典 (株)マネーパートナーズ外国為替用語集について 情報

石油危機(oil crisis)の関連キーワードオイルショック (oilshock:oilcrisis)パン・アメリカン航空[会社]原子力政策[フランス]グロース・リセッションボトルネック・インフレディーゼル排出ガス公害ロンドン・ダラー市場千葉ニュータウン事業名駅周辺の年越し支援スタグフレーションoil shock企業向けの電気料金エアコン暖房の日アルコール自動車エネルギー自給率新興工業経済地域経済セキュリティダビニョン計画オイルショック賃金支払確保法

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android