コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石油危機(oil crisis)

1件 の用語解説(石油危機(oil crisis)の意味・用語解説を検索)

外国為替用語集の解説

石油危機(oil crisis)

オイルショックとも言う。第1次石油危機は1973年、第4次中東戦争を機に石油輸出国機構(OPEC)が生産量を減らし、石油の値段を4倍に引き上げた為に石油価格が高騰、それに伴って世界各国の経済は混乱し、物価が上昇した。第2次石油危機は1979年、イラン革命を契機とした原油の高騰。

出典|(株)マネーパートナーズ
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

石油危機(oil crisis)の関連キーワードオイルショック省資源石油化学工業石油危機ドルショック省エネルギードルショップネイルショップオイルショック (oilshock:oilcrisis)ショック (shock)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone