石濤・石涛(読み)せきとう

大辞林 第三版の解説

せきとう【石濤・石涛】

中国清初の画家。広西省の人。本名、朱若極。清湘・大滌子だいてきしなどと号す。出家後は道済どうせい。山水・蘭竹を得意とし、八大山人と並ぶ南宗画の双璧。代表作「廬山観瀑図」「黄山図巻」など。生没年未詳。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android