コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石田梅巌 いしだばいがん

大辞林 第三版の解説

いしだばいがん【石田梅巌】

1685~1744) 江戸中期の思想家。名は興長。通称勘平。丹波の農家から出て、京都の商家に奉公しながら神・儒・仏の三教を学び、独特の哲学「心学」を編みだし、日常的な言葉と巧みな比喩によって町人に倫理・道徳を説いた。主著「都鄙とひ問答」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

石田梅巌の関連キーワード石門心学心学都鄙

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android