コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石綿(アスベスト)と石綿疾患

1件 の用語解説(石綿(アスベスト)と石綿疾患の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

石綿(アスベスト)と石綿疾患

石綿は天然の繊維状鉱物。耐久・耐火性などが高く、60〜80年代を中心に建材や断熱材、水道管などに広く使われた。石綿肺(じん肺)▽肺がん悪性中皮腫▽良性石綿胸水▽びまん性胸膜肥厚などが石綿による病気とされる。なかでも中皮腫は肺や腹部臓器などを覆う薄い膜(中皮)に発症するがんの一種で、ほとんどが石綿が原因とみられている。発症までの期間が長いため、労災時効が切れた人や工場周辺住民の患者救済を目的に、石綿被害者救済法が施行された。

(2006-06-27 朝日新聞 朝刊 生活1)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

石綿(アスベスト)と石綿疾患の関連キーワード人造絹糸鉱物繊維石綿糸繊維状蛋白質天然繊維石綿肺耐火性能割引繊維状ダイズタンパク質ケリファイト状組織繊維状パホエホエ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone