コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石綿と健康被害

1件 の用語解説(石綿と健康被害の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

石綿と健康被害

石綿は安価なうえ耐火性や断熱性に優れていたことから、高度成長期の1960年代に輸入が増え、建材などに利用された。体内に吸入すると繊維が肺などに刺さり、中皮腫や肺がん、石綿肺など呼吸器系の疾病を引き起こす。潜伏期間は長くて数十年で、「静かな時限爆弾」とも呼ばれる2012年に中皮腫で死亡した人は1400人。10年前の1・7倍に上っている。

(2013-12-23 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

石綿と健康被害の関連キーワード気泡コンクリート石綿セメント板断熱煉瓦省エネルギー住宅石綿糸非機能要件石綿(アスベスト)と石綿疾患アスベスト(石綿)阪神大震災とアスベストアルミサイディング

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone