コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石綿セメント管

1件 の用語解説(石綿セメント管の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

石綿セメント管

水道普及期(昭和30年代後半から40年代前半)に、比較的安価だったため、全国的に普及した。なかでも、早い段階から普及に力を入れたとされる地域で、現在の残存率も高いとみられる(厚労省)。05年度残存率の上位は群馬のほか、埼玉県(2位)、千葉県(3位)、栃木県(4位)といずれも関東地方に集中している。昭和後期には強度のぜいじゃく性が指摘され、85年には、製造が停止された。一方で老朽化に伴う漏水、管の破損が問題となり、厚労省は95年、耐震性のあるものに交換する必要があるとの報告書をまとめた。近年、主に鉄と黒鉛の合金「ダクタイル鋳鉄」が普及している。WHO(世界保健機関)は、石綿管を通過した水道水について、「健康影響は証明できない」と結論づけているが、秋田県では、水道工事に従事した男性が石綿の粉じんを吸い死亡した可能性があるとして、遺族が公務災害認定請求を行っている。

(2007-11-08 朝日新聞 朝刊 群馬全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

石綿セメント管の関連情報