コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石綿疾患

1件 の用語解説(石綿疾患の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

石綿疾患

一般に石綿が原因と言われるのは、▽石綿肺(じん肺)▽肺がん悪性中皮腫▽胸水がたまる良性石綿胸膜炎広範囲の胸膜が厚くなるびまん性胸膜肥厚など。中でも中皮腫はほとんどが石綿を吸ったことが原因とされ、肺や腹部臓器、心臓などを覆う薄い膜(中皮)に発症するがんの一種。石綿の繊維は数ミクロン程度と微細で、吸い込むと肺に突き刺さり、30〜40年ぐらいを経てがん化すると考えられている。低濃度の石綿を吸っても発症するといわれている。

(2006-04-11 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

石綿疾患の関連キーワード石綿スレート石綿糸石綿健康被害救済法石綿肺白金石綿石綿(アスベスト)と石綿疾患石綿による健康被害の救済に関する法律(石綿新法)石綿関連4法石綿による病気石綿被害の救済

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

石綿疾患の関連情報