コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石綿関連の被害

1件 の用語解説(石綿関連の被害の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

石綿関連の被害

石綿は繊維状の鉱物の総称。目に見えない細かな粉じんを吸い込み、肺を包む胸膜などにできるがん「中皮腫」や肺がんなどを引き起こす。石綿は耐熱性や保温性が高く、国内でも建材や工業製品に幅広く使われた。中皮腫は低濃度の吸い込みでも発症するため、石綿関連の職歴のない住民被害がみられる。国は06年に石綿の製造・使用を原則全面禁止したが、過去の吸引により今後も発症者が出続ける恐れがある。中皮腫の死亡者は00年から40年の間に計10万人に上るという専門家の試算もある。

(2014-08-05 朝日新聞 朝刊 生活1)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

石綿関連の被害の関連キーワード青石綿繊維石膏網状鉱物繊維静かなる時限爆弾繊維状変晶質組織ステレートケリファイト状組織阪神大震災とアスベスト石綿症

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

石綿関連の被害の関連情報