コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石綿関連疾病

1件 の用語解説(石綿関連疾病の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

石綿関連疾病

石綿の微細な繊維は、一度吸い込まれると肺などに刺さり、排出されないため、がんの一種の中皮腫や肺がんのほか、肺の細胞が硬くなり呼吸機能が低下する石綿肺、胸膜が厚くなるびまん性胸膜肥厚などを引き起こす。中皮腫は吸入から発症までの潜伏期間が約10~30年と特に長く、「静かな時限爆弾」と呼ばれる

(2010-12-08 朝日新聞 夕刊 2総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

石綿関連疾病の関連キーワード筋原繊維吸気石綿糸吸込み吸込み管石綿肺白金石綿キャッツアイ効果石綿疾患石綿による病気

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone