コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石見銀山遺跡と文化的景観

1件 の用語解説(石見銀山遺跡と文化的景観の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

石見銀山遺跡と文化的景観

1923(大正12)年に休山するまで、約400年にわたり採掘された。2007年7月に国内14番目の世界遺産として登録された。約600の間歩や江戸時代の町並みが残る大森地区を中心に、銀を運んだ鞆ケ浦(ともがうら)道(約7キロ)と温泉津沖泊道(約12キロ)、積み出し港だった鞆ケ浦(仁摩町)、沖泊(温泉津町)も含む。文化財保護法で守られるコアゾーン(核心地域)は529ヘクタール、取り巻くバッファゾーン(緩衝地帯)は3千ヘクタールを超える。

(2012-06-10 朝日新聞 朝刊 島根 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

石見銀山遺跡と文化的景観の関連キーワード日慈山スキーテルマディーフ山スカ命果てるまで暗くなるまで待てシンガポールマラソンJALホノルルマラソン片山ストラテック

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

石見銀山遺跡と文化的景観の関連情報