コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石見銀山遺跡と文化的景観

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

石見銀山遺跡と文化的景観

1923(大正12)年に休山するまで、約400年にわたり採掘された。2007年7月に国内14番目の世界遺産として登録された。約600の間歩や江戸時代の町並みが残る大森地区を中心に、銀を運んだ鞆ケ浦(ともがうら)道(約7キロ)と温泉津沖泊道(約12キロ)、積み出し港だった鞆ケ浦(仁摩町)、沖泊(温泉津町)も含む。文化財保護法で守られるコアゾーン(核心地域)は529ヘクタール、取り巻くバッファゾーン(緩衝地帯)は3千ヘクタールを超える。

(2012-06-10 朝日新聞 朝刊 島根 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

石見銀山遺跡と文化的景観の関連キーワード島津保次郎溝口健二衣笠貞之助村田実内閣総理大臣奥健蔵前田河広一郎有島武郎イノニュ帰山教正

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

石見銀山遺跡と文化的景観の関連情報