コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

砂漠・沙漠 さばく

大辞林 第三版の解説

さばく【砂漠・沙漠】

熱帯・温帯の大陸で、年降雨量200ミリメートル 以下の乾燥地帯にできる荒原。土壌が発達せず耐乾性の強いキク科植物や、サボテンなどが疎生する。乾荒原。サハラ砂漠・ゴビ砂漠・カラハリ砂漠など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

砂漠・沙漠の関連キーワードカラハリ砂漠サハラ砂漠ゴビ砂漠乾燥地帯サボテン耐乾性乾荒原土壌熱帯温帯

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android