砂漠・沙漠(読み)さばく

  • しゃばく

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 雨が非常に少なく、そのため植物などがほとんど見られない、小石や砂礫で地表をおおわれた不毛の地。地形により、砂砂漠(エルグ)、礫砂漠(レグ)、岩石砂漠(ハマダ)に大別され、また成因により、亜熱帯砂漠、海岸冷涼砂漠、雨陰砂漠、内陸砂漠に分類される。
※文華秀麗集(818)中・王昭君〈嵯峨天皇〉「沙漠壊蝉鬢、風霜残玉顔」 〔曹植‐白馬篇〕
② 無毛症をいう俗語。
〘名〙 (「しゃ」は「砂」「沙」の呉音) =さばく(砂漠)
※和蘭通舶(1805)一「北は砂漠(シャバク)の外、満州・サンタンに至るまで属し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

マスターズトーナメント

1934年 B.ジョーンズと A.マッケンジーにより創設されたゴルフトーナメント。毎年4月第2週にジョージア州オーガスタのナショナルコースで行なわれ,「マスターズを制する者は世界を制する」といわれるほ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android