砒素・ヒ素(読み)ひそ

大辞林 第三版の解説

ひそ【砒素・ヒ素】

15 族(窒素族)元素の一。元素記号 As  原子番号33。原子量74.92。黄色ヒ素・灰色ヒ素・黒色ヒ素の三つの変態があり、常温では固体。化学的性質はリンに似る。鶏冠石・雄黄・硫ヒ鉄鉱など硫化物として天然に広く産し、化合物は毒性が強い。殺虫剤・薬剤などに用いるほか、近年では合金や半導体の材料としても重要。 〔自然科学では「ヒ素」と書く〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android